さよなら一重まぶた

さよなら一重まぶた

一重コンプレックスから救ってくれたアイテム

二重目蓋に憧れて

私の一番のコンプレックス、それは一重まぶたです。

 

小学生の頃はそもそも一重や二重というものがどういうことなのかイマイチ分かっておらず、あまり気にしていなかったのですが・・

 

容姿を気にする中学生になった頃から、どうして私の目はみんなと違うんだろう…と悩むようになりました。

 

 

背伸びして化粧をしている友人からアイプチの存在を教えてもらい、早速購入したのですが、そのアイプチはもったりとした粘度で薄く塗れないもの、おまけに欲張って幅の広い二重を作ろうとして大失敗。

 

仕上がりは悲惨なものでした…。

 

やっぱり私はぱっちりして可愛い目になんかなれない、とコンプレックスを抱えたまま大学生になりました。

 

それまで女子校で男の子の目はさほど気にならなかったものの、大学は共学。

 

この全く可愛げのない目のせいで彼氏もできないキャンパスライフになったらどうしようと、封印していたアイプチに再び挑戦することにしました。

 

 

私がリサーチにリサーチを重ねて購入したのは、アイプチではなくつけまつげ用ののり。

 

D.U.Pから発売されているものでした。

 

さらさらしたタイプで薄くきれいに塗りやすく、接着力も強力。

 

途中で二重が取れたりなんかしたら大変ですしね…。

 

 

過去の失敗を生かし、幅は欲張らずに狭めにとり、のりを塗ってよく乾いたところでプッシャーで押さえつけると、とても綺麗な二重ができました。

 

 

幅が狭いので奥二重に近いですが、それでもあのイヤーな一重よりは全然マシです。

 

のりを塗る範囲も必要最低限になるよう何度も練習したおかげで、いかにも貼り付けました!という感じのない自然な二重を作れるようになりました。

 

それから今までずっとアイプチのお世話になっています。

 

アイシャドウやアイラインも一重の時より生きてきますし、何より自分が明るくなれた気がします。

 

 

一重より二重がいいという風潮は一重の人間にとって辛いものがありますが、今の時代化粧で何とかなります!笑

 

おめめぱっちりのあの子も実は一重なのかも知れません。

 

練習すれば絶対に自然な二重を作れるようになるので、一重コンプレックスの方は一度でもアイプチを試してほしいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ